奈良県立病院機構

トップページ > 奈良県立病院機構 > 業務に関する情報 > 中期目標・中期計画

中期目標・中期計画

地方独立行政法人の業務運営については、設立団体の長(知事)が法人に対し、法人が達成すべき業務運営に関する中期目標を指示し、法人は、この目標に基づき、目標を達成するための中期計画を作成し、これに基づいて業務を遂行していくこととなります。

基本的な考え方

「患者」、「県民」に”親切な医療”を提供できるよう、「職員」を育て、地域の医療機関と連携し、奈良県の医療レベル向上に貢献する。

「患者」「県民」「職員」/患者にとって最適な医療の提供/県民の健康維持への貢献/最高レベルの医の心と技をもった人材の確保、育成

法人の決意

  • すべての職員が、患者の視点に立った医療を提供できる組織文化をつくります。
  • 県民の健康を守るため、県内の医療機関と連携し、病院完結型から地域完結型の医療提供体制を目指し、その基幹病院となります。
  • 職員が誇りとやりがいをもって働くことができる職場環境をつくり、次代を担う医療人の育成に取り組みます。

中期目標・中期計画 資料のダウンロード

PDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(無料)がパソコンにインストールされている必要があります。Adobe Readerがインストールされていない場合は、左のアイコンをクリックし、 ダウンロードしてください。

業務に関する情報

ページの先頭に戻る