リハビリテーションのご案内

トップページ > リハビリテーションのご案内 > ロボットスーツHAL

ロボットスーツHAL

ロボットスーツHAL®福祉用は、装着する人の「意思」を感知して立ち座りや歩行動作をアシストする画期的な自立動作支援ロボットです。

HALは、人が動こうとする際に皮膚表面に流れる微弱な生体電位信号を身体に取り付けたセンサーが感知し、 コンピュータ制御によって各関節のモーターを適切に稼働させて装着者をアシストします。

当センターでは、ロボットスーツHALを活用したリハビリテーション(「短期集中リハビリ入院」)を実施しています。

(現在、外来通院によるロボットスーツHALを活用したリハビリテーションは行っていません。)

対象者

(1) どのような人が対象か?
  • 立ち座りや歩行動作に不自由を感じる方
  • 下肢の筋力が低下している方
(2) 対象外の人は?
  • 著しい下肢の関節障害(強度な変形、炎症、脱臼など)
  • 心臓ペースメーカー装着者、妊娠中の方
  • 高次脳機能障害、認知症、感覚障害が重度な方
  • 端座位(椅子坐位)保持が困難な方
  • サイズが合わない方(右表参照)
  • 腹部圧迫が困難な方(HALと身体を密着させるため)
  • その他医師が適応外と判断した方
  両脚型・Mサイズ
適用身長
(目安)
160~175㎝
大腿長 38.0~41.0㎝
下腿長 37.0~41.0㎝
靴サイズ 24.0、26.0、28.0㎝
体重制限 100kg以下
重量 約14kg

※HAL®自立支援用(下肢タイプ)への移行に伴い、サイズが変更されています。

入院の流れ

はじめに外来でHAL担当医の診察を受け、HAL装着の可否を判定します

※外来診察の結果によってはロボットスーツHALの適応でないと判断される場合があります。
※注意事項 PDF

下矢印

入院申込

下矢印

入院決定

3~4週間の入院 : HALを用いたリハビリテーション(原則、1日80分;装着時間含む)

HALを用いた訓練の様子

HALとBWSTT(Body Weight Support Treadmill Training:体重免荷トレッドミル歩行トレーニング)を組み合わせた練習
  • HALだけでは、歩行練習を行う上で動きを引き出せなかったり、バランスが悪かったり、安全性を確保できない場合に、荷重免荷装置(BWS)とトレッドミルを組み合わせて練習します。
HAL-BWSTT1 HAL-BWSTT2 HAL-BWSTT3 HAL-BWSTT4
HALを用いた歩行練習・階段練習
  • HALだけでは、歩行練習を行う上で動きを引き出せなかったり、バランスが悪かったり、安全性を確保できない場合に、歩行器を組み合わせて練習します。
HAL歩行練習1 HAL歩行練習2 HAL歩行練習3 HAL階段練習

HAL®自立支援用(下肢タイプ)への移行

平成28年3月から、HAL®福祉用の後継モデルであるHAL®自立支援用(下肢タイプ)に移行しました。
それに伴い、サイズが変更されています。

注意事項

  • ロボットスーツHALの装着の効果、装着訓練内容には個人差があることをご了承ください。
  • 通常の入院料、リハビリテーション料は算定されますが、HALを使用することで追加料金がかかることはありません。
  • ロボットスーツHALは、両脚型(Mサイズ)の1台のみのため、場合によっては待機していただくことがあります。

HALの使用実績

年度・入院区分\疾患名 頸髄損傷 脳卒中 胸髄損傷 脳脊髄炎 ギランバレー 大腿神経麻痺 脊髄硬膜動静脈瘤 合計
平成24年度 HAL入院 10
回復期
12
平成25年度 HAL入院 10
回復期
16
平成26年度 HAL入院 12
回復期
16

   HAL入院:HALを使用した短期集中リハ入院(約4週間)
   回復期:通常訓練とHALの組み合わせ

研究発表

年月 学会等 演題テーマ PDF
2014.10 第53回全国自治体病院学会 ロボットスーツHAL®を用いたリハビリテーションの効果 PDF
2015.6 第50回日本理学療法学術大会(一般演題) 維持期脊髄損傷者のHAL®を用いた理学療法介入の適応レベルについて PDF
2015.6 第50回日本理学療法学術大会(症例報告) HAL®福祉用を用いて立位での代償を制御した理学療法介入により歩行能が改善した維持期頸髄不全損傷者 PDF
2015.7 第4回ロボットリハビリテーション研究大会 HAL®福祉用導入1年を経過して~効果検証および今後の課題~ PDF

お問い合わせ

奈良県総合リハビリテーションセンター 患者支援センター(地域医療連携室)
 電話番号 0744-32-0200(代)

ページの先頭に戻る

Copyright © 2014 Nara Prefecture General Rehabilitation Center All Rights Reserved.