特定行為研修

トップページ > 特定行為研修

特定行為研修

研修修了要件

(1) 科目ごとに履修すべき時間数の5分の4以上出席していること。
(2) 共通科目をすべて履修し、筆記試験及び一部の科目では観察評価に合格すること。
(3) 共通科目を修了後、選択した区分別科目をすべて履修し、筆記試験及び観察評価、
  科目により実技試験(OSCE)に合格すること。
(4) 臨地実習において、各行為5症例以上実習し、観察評価に合格すること。

 *研修修了の決定は、医療専門職教育研修センター所長が特定行為研修管理委員会の報告に基づき行います。
 *研修修了後、厚生労働省が定める修了証を交付します。



ページの先頭に戻る