特定行為研修

トップページ > 特定行為研修

特定行為研修

理念・目的・目標

【法人の理念】
 “医の心と技”を最高レベルに磨き、県民の健康を生涯にわたって支え続けます。

【特定行為研修の教育理念】
 法人の理念のもと、医療に従事する者に対する教育及び研修を通じて医療の質の向上を図ることにより、地域の医療の発展に貢献する。 本研修を通して、特定行為を行う看護師としての社会的責任と役割と自覚し、新たな臨床看護の発展に寄与することができる看護師を育成する。

【特定行為の教育目的】
 急性期医療から在宅医療まであらゆる領域でのチーム医療のキーパーソンとなり、医療安全に配慮でき、かつ、高度な臨床実践能力を有する看護師を育成する。

【教育目標】
1) 多様な臨床場面において、重要な病態の変化や疾患を包括的にいち早くアセスメン
  トできる基本的能力を養う。
2) 多様な臨床場面において必要な治療を理解しケアを導くための基本的能力を養う。
3) 多様な臨床場面において患者の安全に配慮しつつ、必要な特定行為を安全に実践で
  きる能力を養う。
4) 問題解決に向けて多職種と効果的に協働する能力を養う。
5) 自らの看護実践を見直しつつ標準化する能力を養う。

ページの先頭に戻る